たわごと

アルゼンチンでは公立の病院は無料!だけど薬はなかなかもらえない。

投稿日:2017-03-15 更新日:

Pocket

アルゼンチンに来て人生初めての副鼻腔炎になったんだけど、これがもうとんでもなく辛かった。

ある日から風邪をひいて、1週間くらい鼻水が止まらなかった。

鼻水は緑色をしていて、いままでの経験上、こういう鼻水が出てきたらもうすぐ治るはずだったのだが、なかなか治らない。
それどころか寝ていると鼻水が鼻の奥に詰まってずっと頭痛がするようになってきた。

しまいには口へ鼻水が下りてくるようになり、これはおかしいと思った私はネットで調べてみた。

そしたらそれらの症状がまるっきり副鼻腔炎(急性蓄膿症)の症状と同じだったのです。

それからいろいろ民間療法を試したものの、一向に改善されず、ついには耐えられないほどの頭痛が襲ってきたので夕方、知人に連れ添ってもらって、公立の病院へ連れて行ってもらいました。

ここまで頭痛が起きてから1週間ほど経っており、睡眠不足もあってかなり衰弱していました。

先生には鼻が詰まって頭が1週間ずっと痛いと伝えました。

レントゲンを撮り、採血をし、その日は終了。
(広い病院をあっちこっち歩かされ、待たされ、一人ではとうていこなせる作業ではなかった。)
明日、朝一番の尿を持って来るように指示される。
検尿のカップは各自薬局で買わなければならない。

翌朝。朝9時から受付開始なのだが早めに行った方がいいとのことで7時くらいに家を出た。
すると病院には長蛇の列が。ギリギリなんとか尿を渡すことができてその日は終了。

検査結果は1週間後に出るという。
すでに頭は耐え切れないほど痛いというのに1週間待てという。

絶対副鼻腔炎やのに。尿とか採血とかいる?

ちょっと休もうと入ったカフェで隣にお医者さんが座っていたので、副鼻腔炎っぽいんやけど、薬飲んだらあかん?って聞いたら普通に頭痛薬教えてもらって、薬局で買って飲んだわ!

頭痛はマシになったけど、鼻水が眉間に溜まっている不快感は治まらない。

スポンサーリンク

そして1週間後に病院へ。今度は早朝の5時に家を出る。

それでも十数人が並んでいる。いったい何時から並んでいるのだろう。

そして検査結果をもらい、最初に検診してくれた先生の予約を取ろうとすると今日はその先生の日じゃないからその曜日に来るように言われる。その先生がいるのは月曜と木曜らしい。

今日は火曜日。
今週の木曜は祝日で病院はお休み。

。。ということは来週の月曜に来いってか!!

もう2週間ずっと頭痛いんですけど!?
さらに1週間耐えろってか。。。鬼やな。
耐えましたよ。

そして次の週の月曜日。朝5時に家を出ます。
無事に検診を終え、結果は「SINUSITIS(副鼻腔炎)」って。うん、わかってた!私わかってたよ!!

最初の問診でだいたいわかるやん!?

最初に頭痛が起きてから3週間も薬なしで耐えました。

採血と検尿のおかげでその他異常なしとのこと。
精密検査して大きな病気もなかったし、良かったですけども。

人種もいろいろやし、医療費無料やし、適当に薬ほいほい出せないってのもわかるんやけど。。
もっと早く薬が欲しかった。

アルゼンチンの公立病院で薬をもらうには大変な労力がいんだということが身にしみてわかりました。

ここでは対症治療ではなく、病気にならないようにする予防療法が重要だと実感しました。

あと保険に入れば、その保険会社の契約する病院ですぐに見てもらえるらしいので、保険に入ることをオススメします。

Pocket

-たわごと

Copyright© のほほんnote , 2018 AllRights Reserved.