暮らし

アルゼンチンで雨漏り初体験。から何を思う

投稿日:

Pocket

雨。雨が降ると憂鬱ですよね。

それが何日も続くと洗濯物もたまってイライラしてきます。

アルゼンチンには梅雨はないですけど、季節の変わり目には嵐がやってきます。

それはもうバケツをひっくり返したような雨がドッカーンと降ってくるのです。

普段から水はけの良くない道路が豪雨で川のようになって、洪水とまではいきませんがけっこう大変なことになります。

家も同じく。

雨の強い日はなんと雨漏り

日本では経験したことがなく、アニメで見たような雨漏りポイントにバケツを置いて、ピチョン、ポチョンと水滴を受け止めなければなりません。

幸いキッチンの一箇所なんですけどね。大家さんに言ってもなかなか直してもらえません。

寝室とかじゃなくてホント良かった(ポジティブに考えるようにしてます)!

こんな我が家ですが、住めば都とはよく言ったもので、雨が漏っても家に住めてることがありがたいなぁ、と思えるようになりました。

アルゼンチンで道を歩いていると、本当に物乞いの人たちをよく見かけますし、スラム街のようなところも電車など乗ると目に入ってきます。

若い男性がリヤカーを引いてゴミ箱を漁っているのなんて毎日見ます。

彼らはこんな豪雨のときはどのようにして凌いでいるんだろう?

考えても仕方のないことを考えてしまいます。

だからと言って、彼らが不幸で絶望的かといわれるとそうでもなく、一度、ゴミを捨てに行って、ゴミ箱を空けたら中に人がいて、めっちゃ
びっくりしたんやけど、彼が笑顔でHola!(オラ!)って挨拶してきたんです。

若い男性でした。彼の目は曇ってなかった。

あぁはなりたくないけど、あぁなっても卑屈にならず、笑顔でゴミを漁る彼らを見て、強いなぁって思いました。

雨漏りごときでグチグチ言っててもしゃーない!

もっと稼いで、もっといい家に引越せばいいのだ。

アルゼンチンにいると雨漏りひとつで、いろいろ考えさせられる。

Pocket

-暮らし

Copyright© のほほんnote , 2018 AllRights Reserved.